カードローンは事業資金として使えない?

事業資金として使えるカードローンはある?

お金が必要になる場面というのは、一般の家庭生活はもちろんですが、事業を営んでいる場合はもっと多くなります。

そんな時、金額の大小にもよりますが、経営者であればカードローンの利用で一時的に凌ごうと考える方もいると思います。

しかし、カードローンの約款には事業資金を除くといった記載があることから、利用出来ないと考えることが一般的です。

なぜなら、事業資金の場合には、個人向けに比べて成功するかしないか確実ではない目的のために使用するわけですから、毎月安定した収入をもとに返済を行う個人向けのものとは目的が異なります。

加えて、事業者は年度末に必ず申告を必要としており、カードローンで借りたお金を使った経費については経費としては認められず税金がかかってくる可能性があります。

また、資金を事業に利用したことが判明した場合には、利用規約に違反したとして一括返済を求められることがあるため、資金調達方法としてはとてもリスクが高い借入となります。

事業資金は長期に渡り運用されるものであることから、定期的に返済して元本を確実に減らしていく目的にも合致しないことから、やはり専門の事業者向け融資を借りた方があらゆる面でリスクを減らすことが出来て適しています。

社長はカードローンの審査に通りにくいって本当?

そもそも、中小企業の社長はカードローンに通りにくいといった現実があります。

社長という役職は、外部の人から見ると華やかな立場に見えますが、カードローンの審査においては不利になりやすいのを知っていましたか?

社員であれば毎月決まった給与が保証されていることから、毎月の返済計画を立てやすく金融会社としても収入が安定していて予測が立ちやすいわけです。

しかし、社長の場合、会社の業績により収入が左右されやすいことから利益を挙げている時には高収入ですが、会社の業績が傾くと収入が激減する可能性が十分に考えられることから、金融会社の審査は慎重に行われます。

金融会社としては、収入よりも安定性を重視しないと毎月安定して回収することが出来ないため、職業によって審査の通過率も異なり、例えば公務員が通りやすいというのは確かです。

それでも、社長がカードローンを申込する際に安定した返済が可能ということを金融会社が認めれば良いわけですから、会社自体が小規模なものであったとしても、自らの会社がしっかりと利益を挙げていることを書類などで証明することが出来れば、カードローンの審査に通る可能性は高くなります。

これはクレジットカードでも同じことが言えますので、開業後2〜3年は無担保系のローン審査には通りにくい環境にありますが、3年を過ぎると一般的に審査通過率は上がると言われています。

このように、法人の社長は一定の期間カードローンの審査に通りにくいのは確かですが、個人事業主の場合は専用のローン商品が用意されているため、それらの利用を検討してみるのも一つの方法です。

個人事業主向けのカードローンは総量規制の対象外ですから、年収の3分の1以上の資金を借入することができます。もちろん、事業資金として使えますから、堂々と融資を受けても大丈夫です。

参考:個人事業主や法人向けカードローンの種類と借り方 | カードローンの殿堂

借入枠も数百万円規模で用意されていますので、よほど大きな資金需要でない限り、資金繰りには十分と言えます。

ですので、現在の事業形態によって適切な借入先を判別し、カードローンを上手に活用するようにしてください。